iPSアカデミアジャパンの特許

TAKARAバイオが、iPSアカデミアジャパンという会社と契約締結したという記事を読みました。

というのも、最近TAKARAバイオが再生医療とかiPS細胞に関するビジネスを堅調に伸ばしているようなんですよね。

なんでTAKARAバイオに興味があるかというと、TAKARAバイオの株をもっているのですよ。

業績の上方修正が出たりもしていますし、この分野は期待できそうです。

亜人ていう漫画しってますか?死なない人間の話で、身体が再生したりもするんですけど、通信革命の次はバイオ革命が来るんじゃないかと思うんですよね。

再生医療で多くの問題が解決出来る気がしますし。ただ、クローンまで行くと怖いです。仮にそれが可能になったとして、目の前に自分から分化した自分がいるのを想像したら精神が崩壊しそうです。

目の前の人はいったい誰なんでしょうか?自分なの?記憶はどうなっているんでしょう。記憶も移ったとしたら、それこそ意味がわからないです。向こうの自分もこちらを見て困惑するのかな。

取っ組み合いのケンカをしたら、どっちがどっちかわからなくなってしまいそうです。双方で、「自分が本物だー」と言い合うのでしょうかね。

双子って、生まれた時点から少なからずそういう感覚も持っているのかもしれませんね。不仲になったりとかありますもんね。。。。

まだまだ脱毛への道は続く

更新が久しぶりになっちゃいました。あれから部分脱毛を受けてみて3回が終わりました。今は少し剃ると簡単にポロポロと毛が抜け落ちるような感じで脱毛できてるなぁって実感できてます。

部分脱毛ってパーツさえ少なければあまり費用ってかからないんですね。パックで選んで脱毛したら意外と安かったです。

おかげで貯蓄していた通帳のお金がほとんど使わずに残ってます(笑)このまま脱毛完了まで行って、だいぶお金が残ってたらどうしようかな。思い切って永久脱毛に切り替えちゃってもいいかもしれないですね。

使い切ろうかと思って思い切って決断したのに少し肩透かし状態です。そのまま貯めておいてまた何かしようと思ったら使うって手もあるんですけど、なんかそれも勿体なく感じます。

貯めておいたお金から遊び始めると一万とかだと使う気が起きないけどそれが9千円になった瞬間もういいやってなる気持ちわかりますか?今私そんな感じです(笑)

中途半端に使っちゃうとなんかきりが良い所まで使いたくなるんですよね。千円単位ってそんな感じでいつも使っちゃってます。夫に話しても夫はあんまりそういう感覚がないらしくて理解してもらえませんでした。

そこは人それぞれなんですかね。

節約から生まれた脱毛への道

夫の給料は悪くないですが、いうてもそこまでいいわけでもないので、結局節約することになって現在まで切り詰めながらやってきました。

子供の為の貯金と何かあった時の為の貯金。

それと個人で買いたいものとか使いたいものができた時使う貯金。

教育費とかも子供用貯金にしてるのでそこは基本子供の洋服とか学校の方に使うお金なのでほとんど手を出さないものです。

自由に使える貯金の方は全く手を付けないことの方が多いので多分こっちの方が溜まってるかもしれませんが、夫が使わなそうなので悩んでたエステに行こうと思い、夫に打ち明けました。

特に使う用事もないようなのでエステ代に使うことを許可してくれたので「脱毛 金沢市」のサイトで見つけて行くことにしました。

キレイになって夫を惚れ直させてやろうと思っていたのと春が近づいてきて少しずつ薄着になっていくので今のままでは確実にまずいと思ったのも一つです。

貯金通帳をみたらびっくりする金額が溜まってました(笑)

どんだけ欲がないだろ、うちら夫婦(笑)

私がエステに行きたいって言わなければむしろこっちの方が子供の養育費になるんじゃないかって金額だったのでまぁ驚く。

残った金額はまたそのまま眠らせておいて欲がない夫婦なのならいっそのこともしもの時のお金にしちゃってもいいかもしれません。

通い始めたばかりなのでどれくらい残るかはわからないけど、多分ほとんど残るんじゃないかな。

全身脱毛じゃないし、部分脱毛って言ってもパーツ数少ないから。

気持ちの変化

今年に入ってからはじめてブログを更新します。何もかも飽きっぽい私ですが、自分なりに頑張ってなんとかこのブログを続けていけたらいいなぁと思っています。

というのも、何もかも中途半端な私なのですが、どれか一つを継続することができれば、これまでの私とは違う自分に慣れるのはないかと思っていたりします。子供にも継続は力なりと言ってきましたが、私自身ができていないことを子供だちに言っても説得力のかけらもありませんからね。

ブログは、日記と違ってずっと使えますからね。使えるというのは、日記だと紙なので、使っていないとだんだんとすたれてくるというか、そもそもの日記自体がどこかにしまってしまうということがありますが、ブログは違います。こんな私でもいつでも受け入れてくれます。

こんな私ですが、夫は今でもとっても愛してくれています。優しいんです、とっても。なんでそんなことを言えるのかというと、いつまでもキレイでいてほしいと常日頃から言われるからです。

そんな夫から先日、今年の夏は一緒に海に行こうと言われました。なるべく、私自身にはお金をかけないでこれまではきましたが、夫から脱毛サロンに通ってみてはと言われました。突然の思いもよらない夫の言葉に思わず驚いてしまいましたが、夫曰く、脱毛サロンは今の夫のお小遣いから出してくれるとか。

そんな、夫のお小遣いは、月2万円しかありません。そこから脱毛サロン代まで出してくれるなんてそんなに安くできるのかと驚いてしまいました。

そんな私が参考にしたのが、こちらの脱毛の川口市に関するサイトです。このサイトとても役に立ちましたので、ここで紹介させていただきました。それでは、ここらへんで失礼します。

節約しないことが節約?我が家が行なっている一つの方法とは

家族構成は、夫と私と男の子2人の4人家族です。職業は専業主婦です。

私は元々節約自体は好きなのですが、残念なことに飽き性のため、何かにチャレンジしてもすぐにやめてしまうのです。

節約を試してみるのは良いのですが、3ヶ月もすると飽きてしまい、また、違う別の節約方法を・・・となって、結局節約につながったて結果が出たことは何と一度もありません。

そして、ズボラなので、きちっと家計簿をつけるわけでもありません。しかしそんな私が出来た節約方法がります。それは「何もしない」ということです。

節約を試しても続かないのは分かっているので、諦めて節約はやめました。その代わり何をしたのかというと、本当にいるものしか買わないようにしましたのです。

今あるものも最低限に減らし、使っていないものをことごとく捨て、今流行の断捨離をしました。今、たくさん言われている「節約方法一切しない」という方法です。

いらないものを捨てるときは簡単に捨てて行きますが、その代わり、物を買うときは本当にいるのか見極めてから買うようにしています。

例えば、ソファを買うとなると良いものを買えば、基本10年以上持ちます。また、カバーをかければもっと長持ちします。ですので、15年後の先の事を考えて物を買うようにしています。

15年後、子供は何歳か、そのときに子供はどんな生活をしているのかを予想する。そう考えると、どんなソファを買ったら良いかがおのずと見えてくると思います。

子供が大きくなったからといって、まだ使えるのに捨てるという行為をしなくても良いようにしているのです。冷蔵庫を買ったときはまさにその考えで購入しました。

当時は子供は小さかったのですが、10年後食べ盛りのときの事を見越して、かなり巨大な冷蔵庫を購入しました。途中で小さいから買い換えることにならないようにしたわけです。

そして、必要なものを持たなくなると新しいものを買わなくて良くなるため、当然ながら出費が減ってそれが節約となっていきます。

買うときに、ものすごく労力を使って買うのでかなり疲れるのですが、その代わり、節約術を一切行なわないのでとても楽になりました。

もちろん、電気はつけっぱなしにしない、水道の出し方に気をつける、といった当たり前の節約はしますが、目新しい節約術は一切行ないません。

私はズボラで節約しても飽きて長続きしないし、思い切って面倒な節約をしなくなっことで、逆に昔よりもお金が貯まるようになりました。

節約術といったら、家族みんなで協力して何かをするというイメージがありますが、我が家は誰も節約の事を考える人はいないです。

そのおかげか、節約をしなければいけないというストレスが一切減りましたし、めんどくさがり屋の方は一度試してみることをおすすめします。